オーストラリアでのホームステイで喜ばれた意外なお土産とは?

息子のホームステイの準備を始めたのですが、まずはじめに悩んだのは、日本からのお土産です。オーストラリアのケアンズに行きますが、いわゆる日本の伝統的なお土産(お箸、扇子、手ぬぐい)などは、それほど珍しくなくなってきました。

そこで、ホームステイを企画してくれているスクールの先生に伺った所、意外なものが大人気だそうです!200円で買えるものです。

スポンサーリンク

オーストラリアには売っていない、日本のフリクションペン。

ボールペンなのに、書いた所をペンの先についたゴムでこすると消える、フリクションペン。

私も愛用しているのですが、何とこれがオーストラリアには売っていないそうです。(2013年の情報です。)

そのため、現地の小学校で日本のフリクションペンを持っていくと、ぼるペンなのに消える様子を見て、一気に人だかりになるとのこと。

なんとなく教室での光景が目に浮かびます。

もし事前にステイ先の家族と連絡が取れるようなら、「こんなペンがあるんだけど、そちらには売ってますか?」と聞いてみて、もし無いのであれば、お土産として持って行くと大変喜ばれると思います。

そして、フリクションペンに次いで人気なのが、日本のお菓子。

スポンサーリンク

日本のチョコレートはすごかった。

チョコレートはもちろんオーストラリアでも売っています。が、現地に行ってみると分かるのですが、総じてチョコやスナック菓子の美味しさは、日本のお菓子に及びません。

きのこの山、たけのこの里、Franなど、美味しさだけでなく、その形や食感にこだわったチョコレート菓子は、オーストラリアに持っていけば喜ばれますね。

私もパースに留学して帰国した時、やっぱり日本のお菓子はすごいと思いました。味、食感、パッケージング、さすがです。

オーストラリア ホームステイ、日本からのお土産のまとめ

  • 消えるボールペン、フリクションペンは使えます!
  • 日本のチョコレート菓子、クオリティが違います。
  • 日本の伝統的なお土産に飽きてしまった方へ。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com