パスポートのローマ字の決まりは重要!ゆうき君なら?

子供用にパスポートを申請する事になりました。記載するローマ字を書く時にはヘボン式という指定があります。例えば「ゆうき」は「YUUKI」にはなりません!

ヘボン式では「YUKI」となるのですが、間違えて申請してしまうと、後から変更するのが大変ですので、ここでルールをおさえておきましょう。

スポンサーリンク

パスポートのローマ字決まりはヘボン式

外務省のウェブサイトをチェックすると、パスポートのローマ字表記は、特別な理由がなければ「ヘボン式」を採用しています。

これは、表記法をできるだけ統一することで、航空券手配や、渡航先で何かトラブルがあった場合でも、確実にその人を特定できるようにするための措置なんですね。

小学校でローマ字を習った時には、ヘボン式ではなくて訓令式であることもあり、たとえば「ゆうき」なら、YUUKIとか、YUKIでUの上に屋根のような記号をつけた記憶があるのではないでしょうか?

しかしパスポートではこれとは違って「ヘボン式」。
それではヘボン式で「ゆうき」を表すと?

パスポートのローマ字表記、「ゆうき」君の場合は?

ヘボン式では「YUKI」です。

「ゆう」というのは、「う」の部分が、発音する時に長音です。
ヘボン式では、長音「OとUに当たる部分」は別途表記しません。

「しょうた」なら、「SHOTA」
※(しょ)は、SYOではなくて、ヘボン式では「SHO」です。

「おおの」なら、「ONO」。
「さいとう」なら、「SAITO」。

東京都のパスポート申請ウェブサイトに、「ヘボン式」表記の一覧がありますので、照らしあわせてみてください。

スポンサーリンク

ヘボン式の特殊なルール

以下、上記の東京都のパスポート申請ウェブサイトからの引用です。

撥音:「ん」は「N」で表記 
→ (例) かんの KANNO/ほんだ HONDA

(特例) B・M・Pの前では、「ん」は「M」で表記
なんば NAMBA/ほんま HOMMA/まんぽ MAMPO

促音:「っ」は子音を重ねる
→ (例) べっぷ BEPPU/いっしき ISSHIKI

(特例) CHの前では、「っ」は「T」で表記
えっちゅう ETCHU/はっちょう HATCHO

パスポートのローマ字ルールのまとめ

  • パスポート申請のローマ字は、原則「ヘボン式」
  • ゆうき君の場合は「YUKI」で、長音のUは表記しません。
  • どうしてもヘボン式以外で表記したい場合は、パスポート申請窓口で理由とともに申請すれば、可能なケースもあります。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com