簡易トイレの作り方!猫砂よりも使いやすい代用品とは?

マンションの高層階に住んでいる場合、大地震が発生して水道が止まってしまったら、トイレはどうしたら良いでしょうか?
toilet
通常は、仮設トイレが地上階に設置されることが多いのですが、高層階に住んでいる場合は、トイレの度に階段を昇り降りするのは重労働ですね。

災害用の簡易トイレを購入しておくのが手堅いですが、猫砂などのペット用品で安く大量に用意しておくという方法はよく知られています。更に、猫砂よりも利便性がある代用品がありますので参考にどうぞ。

スポンサーリンク

猫砂よりも取り扱いが楽な代用品とは?

猫砂でも良いのですが、鉱物系の砂の場合は、下に敷いたビニール袋が破れてしまうこともあります。人間の1回の尿の量は、猫よりも当然多いので、注意が必要です。

そこで、吸収力もあり、扱い、保管も簡単なペットシーツ。
シーツなら、トイレに敷いておいたビニルが破れたとしても扱いは簡単です。

便器が使えない場合は、空き箱やゴミ箱など、箱状のものにビニル袋を被せて、ペットシーツを敷けば簡易トイレの出来上がり。

ペット用品以外での、簡易トイレ代用品は?

人間用のグッズというのは、どうしても高価になってしまうため、安いペット用品を備蓄しておくというのが経済的なのですが、人間用のものでも、常に使用されているのであれば、次のものが代用品になりえます。

尿とりパット(女性用のほうが吸収量多い)
紙おむつ(幼稚園児くらいまでなら)

スポンサーリンク

簡易トイレの場合は、ゴミとしての出し方に注意

紙おむつや尿とりパット、ペットシーツの場合は、普段通り、燃えるゴミとして出せばよいわけですが、鉱物系の猫砂となると、自治体によってゴミ出しのルールが違う可能性があります。

もし、鉱物系の猫砂で代用することをお考えの場合は、事前にお住まいの役所に確認をとっておきましょう。

■まとめ

  • 猫砂よりもペットシーツのほうが取り扱いは楽。
  • 少ない日数ならば、尿とりパットや紙おむつでも代用可。
  • ゴミとしての捨て方に不安な方は、事前に役所に問い合わせを。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com