リレンザの効果と副作用は?小児科医からの3つの注意事項

小学5年の息子がインフルエンザにかかり、リレンザを処方されました。効き目と効果の出る服用期間、異常行動の注意点など、病院の先生から教えていただいた内容をまとめておきます。

特に、高熱を出している時のリレンザの吸引は、異常行動が出るといった副作用もあるので親の監視が必要です。
この点は特に小児科の先生からも注意するように指導を受けましたので、参考として記事にまとめておきます。

スポンサーリンク

リレンザの効き目とは?

リレンザとは、吸引タイプの抗インフルエンザ剤です。

インフルエンザウィルスに感染したあと、増殖する場所は、喉の奥から肺までの空気の通り道となる気道です。

この気道部分に張り付いて、直接インフルエンザウィルスに効果を発揮するのがリレンザ。

処方されるときに、吸引器具の説明があると思いますのでしっかりと聞くようにしてください。

インフルエンザと判定が出て、リレンザを処方されたら、できればその場で吸引方法を確認するためにも、薬剤師の方に見てもらいながら吸引すると安心です。

私も今回は薬剤師の説明を聞いたあと、「では、ここで1回めの吸引をしましょう」ということになって、指導していただけたので助かりました。

インフルエンザウィルスは、増殖スピードが非常に高速です。1つのインフルエンザウィルスは、人の気道で、24時間以内に100万個までに増殖します。

とにかく増殖を止めるために、1秒でも早くリレンザの吸引が必要です。(リレンザを処方された場合)

リレンザの服用期間は?

一度リレンザを処方されると、5日分がセットにまとまったものを頂きました。
うちの息子の場合は、インフルエンザ発症翌日に受診したのですが、5日分はすべて吸引してくださいと言われました。
熱が下がっても、ウィルスは残っており、油断すると再度高熱が発生することもあるとのことです。

処方されたリレンザは全て使い切りますので5日間は必要ということですね。
(発症後、何日後に受診したかによっても日数は変わると思いますので、いつまで続けるのかはしっかり確認しましょう。)
うちの息子の場合、発症翌日からリレンザ吸引開始し、リレンザ吸引2日目にはすっかり平熱に下がりました。
やはり効果があるのですね。

殆どの場合は、2日程度で熱が下がります。
3日目以降も高熱が続くようであればまた受診してください、と指示を受けました。

スポンサーリンク

リレンザ吸引後の異常行動?

リレンザを吸引したあと、非常にまれですが、高熱時に異常行動を起こす可能性があるので、家に1人にさせないでください、と注意を受けました。

このような、リレンザの注意書きも頂きました。
rirenza

異常行動とは、家から飛び出したり、窓から飛び降りたりする行動の事です。
どうしても子供を一人にして短い時間でも外にでる必要がある場合は、窓の鍵をしっかりかける、家の施錠をしっかりするなどの注意が必要です。

※異常行動は、高熱発生時ということで、後日小児科の先生に確認したところ、「熱が下がっているのであれば大丈夫」ということでした。

とはいえ、高層マンションに住んでいる場合は飛び降りが非常に危険ですので、可能な限り大人が付いているようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com