ガラケーの意味はガラクタ携帯ではありません!ガラパゴス携帯です。

ガラケーという言葉の意味ってガラクタケータイなんですか?という質問があったのですが、違いますよ。「ガラパゴス携帯電話」です。

それではなんでガラパゴスなのでしょうか?ご存知の方も多いかもしれませんが、おさらいしてみたいと思います。私もスマホからガラケーに戻した口なので、思わずガラケーという言葉には親近感を覚えます。

スポンサーリンク

ガラパゴス諸島の生物たち

ガラパゴス諸島は、エクアドル諸島、赤道直下の島々です。エクアドル共和国から西に900キロ離れた場所にあり、大陸からは切り離された環境にあります。

これまで一度も大陸と陸続きになったことがないという特殊な環境は、大変ユニークな生態系を作り出すことにつながりました。ガラパゴスペンギン、ガラパゴスイグアナ、ガラパゴスゾウガメなどはとくに有名です。

同じ地球上の生物でありながら、ほかの大陸の生物とは一味違う生態系を作っている。
このことが、ガラパゴスの代名詞でもありますね。

スポンサーリンク

日本の従来の携帯電話の進化がまさにガラパゴスだった

そこで、日本の携帯電話なのですが、iPhoneをはじめとするスマホが登場する以前の携帯電話は、世界標準の携帯電話とはまったく異なる方向で進化していました。

赤外線通信をはじめとして、ワンセグ、おサイフケータイ、着うたサービスなどの独自サービスです。

進化の方向性が違ったというだけのことですので、ガラ という意味は、決してガラクタなんかではないということがお分かりいただけたでしょうか?

iPhoneを見てみますと、もちろん赤外線やワンセグ、おサイフケータイ機能はありませんが、アンドロイド系のスマホでは、日本での要望に合わせてこれら機能を搭載するモデルも増えてきました。

この観点から考えると、日本のスマホもまたガラパゴス的な進化を始めているということですね。
こうなると何が「ガラ」なのかわからなくなってしまいますが、

現在のところ、ガラケーと言えば、日本ではスマホではない携帯電話ということですね。

スマホに比べれば機能は少ないですが、必要最低限の仕事をきっちり確実にこなしてくれるという意味では、「レジェンドフォン」と呼ばれてもおかしくないような気がします!

私は、iPhone5を大変便利に使用していましたが、用事がなくてもスマホ画面をチェックしてしまうという癖と、通信費を削減するためにガラケーに戻しました。

電話しかしないから、本当はスマホが不要なんです・・・という方は、私のガラケーからスマホに戻して得られた3つのメリットが参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com