目の下がピクピク痙攣する!原因と対処法は?

昨日の夜から左目の下が時々ピクピクと痙攣しています。

痛みはないものの、なんとも不快で、仕事にも集中できないと困ります。

原因は何なのか?対処法はあるのか?もし病院に行くとしたら何科に行けばよいのか調べた所、心当たりがありました。

スポンサーリンク

目の下の痙攣の原因は?

目の下の痙攣だけでなく、まぶた側(目の上がわ)も断続的に痙攣することがありますが、主な原因として挙げられているのは次の3点です。

  1. 睡眠不足
  2. ストレスがたまっている
  3. 仕事がハードで疲労感が強い

自分の生活を振り返ってみると・・・
そうですね、身内が救急車で運ばれて心的ストレスが一時的に高まったということはありました。(問題なく帰ってこれたので今はストレスがそれほど無いはずですが)

翌日に左目の下がピクピク痙攣しはじめ、睡眠不足かなと思い、今日は8時間程度睡眠をとりました。

それでも昼過ぎあたりから痙攣が再開。

何らかのストレスがたまっているのかな、とも感じますね。

以前は寝不足の時に、まぶたの上のほうがピクついたのですが、寝れば治っていました。今回はどうも様子が違います。

スポンサーリンク

ピクピクを抑える対処法はあるのか?

こちらも対処法としては次の3点が主なものです。

  1. 早く寝て、たっぷり睡眠をとる
  2. 食事をしっかりとり、栄養に心がける
  3. 自分の時間をつくり、リフレッシュする。

何日も治らない場合は、病院の何科にいくべきか

目の周りの痙攣は、1日で治る場合もあれば、断続的に1週間程度続く場合もあります。

殆どの場合は、睡眠不足や疲労、ストレスで目の周りの神経が過敏になっているため、休養と栄養をとれば回復するものでした。

それでも回復の兆しがない場合、顔面神経麻痺の前兆である可能性も考慮して、眼科または神経科にかかることをおすすめします。

まとめ

目の周りの痙攣は、とてもうっとうしいものです。
しかし、疲労やストレスのサインと考えれば、とても分かりやすい反応ではないでしょうか?

なかなか休むことは難しいかもしれませんが、体が休養を必要としている・・・と考えて、健康的な睡眠と、ストレス解消を考えるいいきっかけになるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com