ドライブレコーダー取り付け工賃ディーラーの相場金額は?

車検のついでに、ドライブレコーダーを取り付けてもらうとしたらいくらになるのか、地元のホンダディーラーに確認してみました。

売れ筋価格帯と、それに付随した取り付け工賃の相場を営業マンに教えてもらえましたので、記録しておきます。

車検や定期点検を控えていらっしゃる方で、ドライブレコーダーも検討している方へ。

ドライブレコーダーというと、最近はかなり小型化が進んでいるため、自分でも簡単にフロントガラス部分に接着シートで貼り付けるだけでも設置できてしまいます。

電源はシガーソケットから取るので、自分でも取り付けは可能なのですが、問題は、配線が表に出てしまって見栄えが悪いということ。

ディーラーやカー用品店では、シガーソケットの裏側でソケットの分離を行い、配線も裏側からピラー内部を這わせて、室内からほぼ見えないように綺麗に設置する作業を行ってくれます。
(配線裏取り工賃とよばれています。)

この場合に、取り付け工賃が発生します。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーの取り付け工賃、ディーラーの場合

ドライブレコーダーといっても、機能により価格はピンキリです。

1万円を切るエントリーモデルから、GPS内臓、高精細記録のハイレベルなものまであります。

そこで、売れ筋価格帯は?と聞いてみたところ、2万円台中ほどのモデルが、機能と価格のバランスが取れているようです。

交通事故現場でいざという時にカクカク映像であったり、大事なところが不鮮明・・・では意味がありません。

そして気になる取り付け費用(配線を見えないように内装内側を這わせる)は、ディーラーでは9000円から12000円でした。

今回はホンダカーズでしたが、他社ディーラーでもおよそ同じような価格帯だそうです。

ただし、営業さんの力によるところもあるでしょうが、車検やその他の整備と一緒に行ってもらうことで、多少の割引は期待してよさそうです。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーの取り付け工賃、カー用品店は

配線裏取り工賃について、2015/02/02時点の金額を確認してみました。ただし、ネット通販での、ドライブレコーダ単体価格と、工賃込み価格との差額比較です。

オートバックスの場合

機種名:DRY-FH95WG
ソケット+配線裏取り工賃込価格
22000円

DRY-FH95WG 単体の場合は、
19800円

差額 2200円

これは工賃込み価格でも十分ですね。かなり安いです。

※これはあくまでもネット価格ですので、実店舗で取り付けてもらう場合には、各店舗で確認が必要です。

まとめ

とにかく価格優先で取り付けてもらいたいのであれば、カー用品店のネット通販は魅力的ですね。ネットで購入して、実店舗に持ち込んで取り付けサービスという店もあります。

しかし、車検や定期点検で車を1日ディーラーに預ける予定のある場合は、ディーラーで取り付けてもらったほうが、時間の節約+いろいろ相談に乗ってもらいやすいというメリットが大きいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com