Windows7でシャットダウン時の更新プログラムを回避したい!

Windows7のパソコンで電源を切ろうとすると、更新プログラムのインストールが始まって、「電源を切らないでください・・・」のメッセージが出ることがあります。
急いで帰りたいときに限ってこんなメッセージが出てしまい、10分待っても終わらないとイライラします。

こんな場合の回避方法をご紹介します。

スポンサーリンク

とりあえず通常のシャットダウンで帰宅し、翌日インストール

シャットダウンしたいのに更新プログラムのインストールが始まってしまう!
という場合は、Windowsボタンをクリックしてシャットダウンを選ぶときにこのようなアイコンになっています。

shutdown1

この状態ですと、更新プログラムのインストールが始まってなかなか電源を切ることができません。

まず、このアイコンを目印にして、すぐに電源を切る場合は次の手順でどうぞ。
更新プログラムのインストールは回避されます。

更新プログラムをインストールせずにシャットダウンする手順

1.起動しているアプリケーションは事前に閉じておきます。

2.Altキーを押しながら、F4キーを押します。

3.次のような画面が出ます。「更新プログラムをインストールしてシャットダウン」が選択されていますので、プルダウンメニューから、「シャットダウン」を選択して、OK。

shutdown12

これで、通常通りのシャットダウンとなり、電源が切れます。

次回の起動時、あまり作込み入った作業をしない時間帯を見計らって、更新プログラムをインストールできます。

スポンサーリンク

次回起動時に更新プログラムをインストールする手順

1.スタートボタン-コントロールパネルをクリック

2.システムとセキュリティをクリック

3.Windows Updateをクリック。下の画像が表示されます。ここで「更新プログラムのインストール」ボタンを押せばインストールが始まります。

shutdown2

■更新プログラムのインストール後の再起動は時間がかかる。

更新プログラムのインストール後の再起動は、多くの場合時間がかかります。10分から15分は覚悟したほうがいい場合もありますので、会社でしたら、この再起動は昼休みあたりにするのがお勧めです。

大事な会議の資料を出したいのにパソコンが起動しない!という状況は避けたいものです。

まとめ

セキュリティの観点から、更新プログラムのインストールを速やかに行うというのは最もな考えです。

しかし、どうしても急いで帰りたいとき、どうしてもすぐにパソコンを起動させたいときに限って更新プログラムの青い画面を10分も15分も見ないといけないような状況になるものです・・・。

今回の方法を使えば、すぐにシャットダウンできますのでお試しください。

ただし、次回起動時の更新プログラムのインストールを忘れないようにパソコンに付箋などでメモしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com