iPhoneやipodにitunesを使わないで音楽を入れるには?

iPhoneやiPodに音楽を転送するには、itunesを使用するのが普通です。
しかし、一つのパソコンで複数のデバイスをつなぐことができないという問題もあり、私は不便に感じていました。

ところが、検索してみればあるもので、ウォークマンのように、iTunesを使わないでパソコンからiPhoneやiPodに音楽を転送できるフリーソフトがありましたので、使い方も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneやiPodに直接転送できるCopyTrans

私はiPod touch 第4世代を使っています。
かなり年代物になってきましたが、まだまだ現役で使えますので重宝しています。

さて、現時点(2015年2月21日)での最新デバイスにももちろん対応しているフリーソフト「CopyTrans」をインストールします。

Vectorの第23回プロレジ大賞を受賞していますので、怪しいソフトではありません。ご安心ください。

以下に簡単に手順と注意事項を記載します。

CopyTransのインストール手順

1.ダウンロードサイトにアクセスします。
http://www.copytrans.jp/

2.中ほどの「Download」というバナーをクリックします。

3.ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールが行われます。

※インストール注は、使用許諾に同意のチェックを入れたり、「はい」「次へ」などを選択するだけですので簡単です。

■パソコンにiTunesがインストールされていない場合は次の手順が追加で必要

※途中で、下記のような画面が出てきたら、「はい」を選択します。パソコンにiTunesが入っていない場合に出てきます。

copytrans1


さらにドライバーのインストールを促されますので、表示されたウェブサイト内の「CopyTrans Driver Installerをダウンロード」をクリックします。

ダウンロードしたファイルを起動し、免責事項に承認チェックを入れ、「自動インストール」をクリックします。

スポンサーリンク

CopyTransを起動して、音楽ファイルをiPhone やiPodに移動させる方法は?

1.インストールが完了すると、デスクトップに「CopyTransControlCenter」というアイコンができますので、これをダブルクリックして開きます。

2.すると、次のような画面になりますので、ここで「CopyTransManager(フリー)」をクリックします。

copytrans3

3.iPhoneやiPodをパソコンに接続した状態で、画面中央の「Start」をクリック。

4.次のような画面になり、デバイス内の音楽ファイルが表示されます。この画面の曲リストの欄に、コピーしたい音楽ファイルをドラッグアンドドロップするだけです。

copytrans5

5.最後に、画面上部の「アップデート」というボタンをクリックすると、コピーが開始されます。このボタンが灰色になったら完了です。

copytrans6

まとめ

パソコン上のMP3などの音楽ファイルを手軽にiPhoneやiPodにコピーしたいときに非常に便利なフリーソフトです。

この方法を使用すれば、そのほかのMP3プレーヤーやウォークマンと同じような感覚で音楽を転送できますので、とても簡単になりました。

1台のパソコンで、複数のiPodやiPhone を接続したい方でも、簡単に使用できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com