バリウム検査の後に排泄物が流れない時の対処法!

健康診断でバリウムを飲んで検査を受けると、下剤を飲んでその日のうちに排便するよう注意を受けます。
しかし、3日以上も体内に便が残っていると、ものすごくネバッとした便が出てしまって流しきれない事態が発生します!
非常に焦ってしまったのですが、なんとか流せましたので対処方法をメモします。

食事時間が近い方は別ページをご覧ください(^_^;)

スポンサーリンク

何度流しても流れない!時の対処法。

朝の通勤時間が迫っているのに流れない!というのは非常に困ります。

結論から言いますと、

割りばしで細かく分解する。

ということです。

細かく分解できれば流れます。

使用した割りばしは、ビニル袋に入れて燃えるごみへ。

処理が終わりましたら、石鹸でしっかり手を洗い、できればアルコール消毒もしておきましょう。

バリウム検査後の排便には注意

今まで甘く見ていましたが、今回の事態を経験して、バリウム検査後はとにかくその日のうちの排便が重要だと思い知らされました。

健康診断で、下剤をもらうと思いますが、普段スルスルでない方は、4錠くらいもらっておいた方が良いですね。

ちなみに私は、その日のうちに通常排便できていたのですが、どこかに残っていたのでしょうね。

3日後にこんな事態になることもありますのでご注意ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com