災害伝言板の使い方!携帯電話が使えない時はどうする?

震度6以上の地震など、大災害が発生した時に使用する災害伝言板はどのように利用すればよいのでしょうか?ソフトバンクの3G携帯(スマホでなくてガラケー)を使っている私ですが、調べているうちに疑問が。「そもそも携帯電話が使えない時はどうする?」

そして、「171災害伝言板」の存在を再確認しました。みなさんもご家族で確認することをおすすめします。

スポンサーリンク

携帯電話キャリアの災害伝言板は、携帯電話からの使用が前提。

ドコモ、au、ソフトバンクの各会社では、それぞれのメニューで災害伝言板サービスを用意しています。安否確認では相互検索できるようになっています。

ソフトバンクの場合は、Webのトップ画面から災害伝言板を選択して、100文字以内のテキストメッセージか、以下の選択肢から安否を登録することができます。

「無事です」
「自宅にいます」
「被害があります」
「避難所にいます」
「移動中です」
「学校にいます」
「会社にいます」

安否を確認したい人は、ソフトバンク携帯(スマホ、ガラケー)、他社携帯電話(スマホ、ガラケー)、パソコン、タブレット端末などのインターネット端末 からその情報を確認できます。(安否確認したい人の携帯電話番号を入力することで)

携帯電話会社の災害伝言板サービスは、被災した方が最も簡単に安否登録できるシステムですので、最新の利用方法は各携帯電話会社のウェブサイトで確認しておきましょう。

ところが、当たり前ですが、次のような場合には携帯電話会社の災害伝言板サービスは使用できません。

被災者の携帯電話が・・・

・壊れてしまった
・充電が切れた。しかも充電できない。
・携帯電話からウェブにアクセス出来ない。

そもそも携帯電話会社の災害伝言板サービスは震度6以上の被害の場合のみ開設されるため、上記のような状態になる可能性は高いですよね。

そこで、被災者の携帯電話が使えないという前提での安否確認も用意されています。

NTTの災害用伝言ダイヤル(171)は、公衆電話からも使えます。

NTTの災害用伝言ダイヤル(171)は、仕組みは携帯電話の災害伝言板サービスと同じですが、登録しておく電話番号は自宅の固定電話番号です。

被災者は、公衆電話や、災害時に臨時的に設置される電話などから自分の安否情報を登録することができます。

家族の間で、171を使用するときはどの電話番号にするのか、あらかじめ共通認識しておく必要があります。

また、携帯電話網が壊滅でも、ネットが使える状況であれば、171Webサービスが使用できます。こちらも確認しておけばなお一層安心ですが、ネットが使える状況だと、メールやツイッターのほうが便利かもしれませんね。

日頃から、体験サービス期間に予行練習を。

171、携帯電話会社の災害伝言板サービスの両方共、災害発生時に利用可能なサービスですが、下記の期間に体験サービスを利用できます。

・毎月1日と15日
・防災週間(8月30日から9月5日まで)
・防災とボランティア週間(1月15日から21日まで)
・正月三が日(1月1日正午から1月3日午後11時まで)

まずは防災週間に家族で予行練習しておくとよいでしょう。

災害伝言板のまとめ

  • 携帯電話が使える場合は、まず携帯電話の災害伝言板に安否登録。
  • 携帯電話が使えない場合に備えて、災害用伝言ダイヤル(171)
  • 体験サービス期間中に予行練習を。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com