英語を聞き流してTOEIC870点というメールが!私ではありません。

広告メールではあるのですが、某有名プロゴルファーがCM出演している聞き流し系英語教材のメールが私のところに届きました。

そこには、37歳東京都在住の方が、英語を聞き流しているだけでTOEIC870点を取れたとあったので、思わず内容を最後まで読んでしまいました。

37歳でTOEIC870点・・・私も独学でTOEIC870点を取得した記録をこのウェブサイトにアップしています。37歳という年齢といい、あまりにも数字がぴったりなのでびっくりしてしまいました。

ちなみに私ではありません(^_^;) 本格的な勉強期間は4か月でしたが、聞き流しだけでは達成できないのでは・・と思っていましたが、メールの内容を確認してみたら・・・

スポンサーリンク

某聞き流す系教材でTOEIC870点?

私の考えとしては、聞き流しているだけでTOEIC870点というのは、本当ならすごいなと思いましたし、疑問だらけでした。

ちなみに私は自分の声でしっかり音読してアウトプットする音読学習でTOEIC870点に到達しています。
期間は4か月が目安です。

高額教材は一切使わず、参考書も3冊で5000円程度で済ませました。
↓(私の実践記録です)
37歳からのTOEIC800点音読勉強法!参考書はたった3冊

ところがその広告メールを読み進めましたら、こうありました。

以下、メール内容の流れを要約します。
————————————-
2010年の元旦に『○○(聞き流す系の教材)』を始めました。

聞き流して半年たった頃、ニュースを英語で聞くと「あれ?わかるな」と
感じることが増えたんです。

そして10ヵ月後、TOEIC(R)を受けて、驚きました。・・・結果は765点。

その後も聞き流しを続け、870点取りました。
————————————-

スポンサーリンク

その後、公式サイトを見てみますと、その方の口コミでは、
2012年3月はTOEIC850点
2013年の5月には870点
と続いていました。

スコアの上昇期間を確認すると、
当初620点あたりだったようですので

10か月で、765点→(145点アップ)
その後さらに1年5か月程度で870点(105点アップ)

この流れをおさらいすると、2010年から2013年5月まで、およそ3年5か月かかっていますね。

確かに聞き流しでも3年5か月も行えばここまで来るのか。

これならある意味納得ですが、TOEICのスコアアップが最大の目的(しかも800点以上)であるなら、私が試行錯誤で実践した音読メインの勉強法のほうが時短になると思いますので参考にしてみてください。

現在のスコア400点当たりの方でしたら、本気で取り組めば4か月で達成できると思います。

37歳からのTOEIC800点音読勉強法!参考書はたった3冊

※決して聞き流し教材を批判しているわけではありません。あくまで「TOEICスコアアップを短期間で」にフォーカスした場合ということです。

間近に海外転勤が控えている!という場合や、海外生活を始めたばかりの方が、副教材的に聞き流すような場面では、有効なのだと思います。
教材としては聞き流しますが、必ずアウトプットする場面が実生活で、毎日、必要に迫られて存在しますので。
某プロゴルファー選手の効果もそこにあるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com