ローラーマウスRollerMouseRedの使用レビュー!

ContourDesign社のローラーマウス RollerMouse Redを使用しています。
購入した2014年は日本ではまだ取扱店が見つからず、アメリカアマゾンより取り寄せてかれこれ1年ほど使っていますのでレビューしてみます。
この快適さを日本の方に知っていただき、取扱店が増えて価格が下がればいいのですが・・・

それではレビューに入ります。

スポンサーリンク

RollerMouse Redとは?

パームレストと一体型になったポインティングデバイスで、マウスとして機能します。
Contour Design 公式サイトはこちら

私が使用しているRollerMouse Redの写真です。
キーボードは東プレリアルフォースを使用しています。
rollermousered0

デザインが秀逸

さすがに”Design”が社名に付くだけあって、このデザインは秀逸です。
パームレスト部分はレザー調ですがべたつき感もなく、適度な柔らかさで手を乗せられます。
ボディはアルミ削り出しで適度な重量感と剛性を保っています。

rollermousered1

縦横、どちらにも正確に動かせる

ローラーバー部分を左右に動かすとマウスポインタが左右に動き、縦横方向にコロコロと転がすと、ポインタは上下方向に動きます。

この左右と上下の動きが組み合わさって、マウスポンタは縦横無尽に動けるわけですが、この構造により、縦方向にまっすぐ動かしたいとき、横方向にまっすぐ動かしたいときは、普通のマウスよりも正確な動きができます。

トラックボールマウスよりもこの点は秀でていると感じました。

ローラーバーとは、この写真で人差し指がさしている部分です。とても軽い力でスムーズに動きます。

rollermousered3

CoutourDesignの公式動画でも中盤に操作画面している動画が出てきますので参考にどうぞ。

多彩なクリック機能

クリックは、手前のボタンで可能です。(左クリック、右クリック、ダブルクリック専用、コピー、貼り付け、ホイールクリック)

rollermousered2

ローラーバー部分を押し下げるだけでも、左クリックになります。バーを押し下げたまま動かせばドラッグにもなります。

両手はキーボードのホームポジションに置いたまま、両手の親指だけでマウスポインタの移動とクリック、ドラッグまでできてしまいます!これがかなり便利です。
マウスに手を伸ばす必要がありません。

たとえばこのように、右手はキーボードのホームポジションですが、親指でローラーバーを動かせます。

rollermousered5

もちろん片手で操作も可能

別の操作方法としては、右手だけ少し下にずらして、トラックボールマウスのようにローラーバーを人差し指から薬指あたりで動かし、親指でクリックすることもできます。

その時、左手の親指をそっとローラーバーに添えると、ブレーキになり、数ピクセル単位の細かい作業も簡単にこなせます。

通常のウェブブラウジングであれば、右手だけ(もしくは左手だけ)でも操作できますし、2本の親指でも操作できます。

当然ですが、左手でも操作可能です。

rollermousered14

スポンサーリンク

専用ドライバでボタンはカスタマイズ可能

操作できるボタンは6個あるのですが、専用ドライバをインストールすると、マウスポインタの感度も含めて細かく自分好みの機能に変更することができます。

日本語版のWindows7、8.1でも使えました。
このような設定画面で、すべてのボタンに設定が可能です。

rollermouseredconfig

私の場合は、左右どちらの手でも同じように使いたかったので、上図のようにカスタマイズしています。

問題は、入手ルートと価格

US$で265$しますので、かな~り高額です。
しかし、それに見合った効果は私にはありました。
・マウス腱鞘炎からの解放
・マウスに手を伸ばしてまたキーボードに戻る時間(1日に何回も行うことなのでこれはバカにならない時間です)の削減

入手ルートですが、国内で確認できたのはimolss(価格等は要問合せ)

あとは個人輸入ですね。
私はスピアネットという輸入代行サービスを使用して、アメリカアマゾンから購入しました。

アメリカアマゾンでは、RollerMouse Redの発送先に日本は対応していなかったので。

RollerMouse Redの旧モデルは、日本のアマゾンからも購入できます。(RollerMousePro)
しかし、ローラーバーの大きさと操作性はRedの方が数段上でした。

価格面ではRedに比べて1万円程度安い・・・と考えればコレはコレでありかもしれません。

ヤフーオークションでは?

ごく希に出品されています。
ヤフーの検索結果

まとめ

アメリカでは人間工学を考えて、体に負担の少ない製品がPC分野に多くあります。私はかなり腱鞘炎が楽になったので、日本でも取り扱いが増えてくれることを祈っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com