それいいねを英語で?ホームステイ最重要表現の一つです。

「それいいね!」を英語ではどう言えばいいでしょうか?「Good」だけではありきたりですね。ホームステイするのであれば、毎日使いたくなる最重要表現ですので、出発前におさえておきましょう!

私のオーストラリア留学体験から厳選してみました。

スポンサーリンク

「Good」以外の褒め言葉が会話を弾ませる。

ホームステイの家族とは、ステイ期間は良好な関係を保ちたいもの。特に「感謝の気持ち」と「いいですね~」と褒めるあいづちは、複数のバリエーションを持っておくと、本当に便利です。そこから先の会話は、たどたどしくても、相手は好意的に受け止めてくれますから。

私は西オーストラリア州のパースにホームステイしたことがあります。

どちらかというと、イギリス英語に近いオーストラリア英語なのですが、こんな言葉をよく使っていました。

Good が普通の「いいね」として考えると、感情が高まるに連れて次の言葉を使っていました。()の和訳は、使う時の雰囲気でいかようにも変えられますので参考程度です。

30代から50代くらいのオーストラリア人も使ってますね。

Fantastic!(最高!)
Brilliant!(すごすぎ!)
cool!(やばいね!/かっこいいね!)

※かなり意訳です^^;

仲良くなってくると、ほとんど cool を連発する事になるでしょう。
発音は(クォーゥ)に近いですね。

スポンサーリンク

「いいね~」に次いで知っておきたい。「そうだよね~」

相手が話した内容に、「そうそう!」という感じで間髪入れずにリアクションすると、こちらが話していなくても「会話してる」感じになってきます。

「うんうん」が、Yeah, だとしたら、
今度はこの順番で感情の高まりを表現することが出来ます。

You’re right.(そうだね)
That’s right!(そのとおりだよ)
Absolutely!(間違いないね!)

他にもいろいろありますが、はじめは3つくらいをうまく使い分けてみましょう。

文法は中学英語でOK、ホームステイに必要なのは、とっさの感情表現。

今回は、ホームステイに必要な感情表現で「それいいね」「そうだよね」を挙げてみました。実は、これには文法らしい文法はありません。

しかし、短い単語とジェスチャーと笑顔で、言いたいことがかなり伝わります。ここで難しい英文法を気にしすぎて顔も難しい表情になってしまうと、さっぱり伝わらないんですよね。

文法は要らない、というわけではありません。強いて言えば、中学英語で十分。高校英語は余裕のある人はどうぞ、という感じです。

感情表現と、決まり文句を厳選して暗記していくのがホームステイには最も効率的です。

まとめ

  • 「それいいね~」は会話の潤滑油。
  • とっさの感情表現を覚えておきましょう。
  • 文法には深入りせずに中学英文法を。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com