子連れ富士登山で名古屋方面から富士宮口までは新幹線とバスが楽!

小学5年生の息子と2人で今週、富士登山してきました。
浜松市からなので、車で行くことも可能ですが、運転疲れが登山に影響しては困る・・・。

ということで、新幹線と登山バスで富士宮口5合目まで行きました。
思いのほか快適でしたので、その様子をご紹介します。

名古屋方面から子連れ富士登山される方は参考にどうぞ~!

スポンサーリンク

新幹線 新富士から登山バスに乗ります。

登山バスのりばの場所は?

新幹線の新富士駅を降り、改札を抜けたら右に進みます。北口を出たら、右手側に登山バスのチケット販売所がすぐ見えます。

tozanbasu1

新富士駅はそれほど広くないので迷うことはないでしょう。

チケットの買い方、往復がお得です。

新富士から富士宮口五合目まで、往復大人3,100円 小人1,550円です。(往復チケットといっても行きと帰りのチケットがあるわけではなく、購入日から3日間乗り降り自由のチケットでした。)

tozanbasu3

新富士駅・富士駅・富士宮駅でのみ購入することが出来ます。

参考に、今年の登山バス時刻表です。

平成26年度の新富士から富士山富士宮口五合目線 バス時刻表
→http://www.fujikyu.co.jp/shizuokabus/time_fujinomiya/t26.pdf

私は、浜松→新富士 まで新幹線のこだまで、
07:31発 → 08:13着
に乗り、登山バスは余裕で8:30発に乗れました。

富士宮観光協会の、富士山FAQ にもアクセス方法などが詳しくまとまっていましたので、東京方面の方にも参考になると思います。
http://www.fujinomiya.gr.jp/tozanfaq.html

登山バスは途中休憩もあり、浅間大社で参拝できます。

登山バスでは、途中で幾つかの停留所に止まりますが、湧玉池という停留所では、トイレ休憩10分があり、「浅間大社への参拝もどうぞ」というアナウンスが流れました。

富士登山の安全を願って参拝できます。
御朱印帳を持っていったので、ここで書いてもらえました。

sengentaisha

それにしても、湧玉池は驚くほど綺麗でした。
富士登山への期待感が高まります。

wakutamaike

高速道路の運転疲れなし。子供とも会話が出来て楽しめます。

登山バスは、いわゆる観光バスと同じようなバスです。
しかし、さすが登山バス。
足元スペースはゆったりしていますし、ザックは上の荷物置きに置くことができました。

tozanbasu5 tozanbasu4

後ろにはトイレもありましたので、2時間の道のりも安心です。(外でのトイレ休憩は湧玉池のみでした。)

自家用車での運転とちがって、バス車内ではリラックスできますし、子供とも富士登山に向けた話をじっくり楽しめたのが良かったですね。

自分で運転していると、時間や渋滞も気になるし、なかなか話もゆったりできませんからね。

富士宮口5合目までのアクセス まとめ

  • 新幹線で新富士まで、そこから登山バスに乗り換え
  • 登山バスでは、途中で浅間大社の参拝も可能
  • 子供と会話が楽しめます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com