ThunderbirdでMactypeが効かない時の対処方法

MacTypeでWindows7でも8でも文字を読みやすく変えています。
しかし、Thunderbirdでは最新版にしたときにMacTypeのフォントレンダリングが効かなくてがっくり。

調べてみましたら、Thunderbirdのオプション設定で対処する方法がありましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

オプション設定の変更手順

1.右上の三本線のアイコンから、オプション>オプションと選択

mactypethuder1

2.右上の詳細アイコン(歯車マーク)をクリック > 左の一般タブをクリック > 右下の設定エディタをクリック。

mactypethuder2

3.動作保証対象外です というメッセージが表示されます。ここで 細心の注意を払って使用する をクリック。

mactypethuder3

4.表示されるウィンドウで、検索欄に
gfx.direct2d.disabled
と入力してエンター。
下のように表示されます。

mactypethuder4

スポンサーリンク

5.上のウィンドウで、値が false と表示されているので、そのfalse の行の文字をダブルクリックします。
すると、falseだったとことがtrueに変わります。

mactypethuder5

6.上記のウィンドウを閉じ、オプション画面に戻りますので、そこでOKボタンをクリック。

7.Thunderbirdを一旦終了します。

8.再度Thunderbirdを起動すると、メール本文にもMactypeの文字レンダリングが効いた状態に戻ります。

以上です。

GoogleChromeもMactypeが効かない!

GoogleChromeでもMacTypeが効かない現象が出ます。
この場合はこちらをお試しください。

ChromeでMactypeが効かない!慌てる前にこれを試してみて。

これで、ネットもメールもMactypeが有効になりますので便利です。
Windows10ではデフォルトでMacのような美しいフォントになってほしいものですがどうでしょうか??

スポンサーリンク

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com

関連コンテンツ