紫外線アレルギーの症状は目の場合こうなります。

目にも紫外線アレルギーの影響があるってご存知ですか?
紫外線アレルギーという言葉自体がまだあまり浸透していませんので、目にも症状が出ることを知らない人が多いと思います。
代表的な症状をご紹介します。

スポンサーリンク

目の充血が長く続く

目の充血は、見た目で気付くアレルギー症状です。
紫外線は反射するものです。帽子をかぶっていても、日光が地面に当たり、そこから照り返しで目の中に飛び込んできます。
外出から帰ってきて、目が充血していたら紫外線アレルギーを疑いましょう。

普通の充血との見分け方

しかし、目の充血は良く起こることなので、それが紫外線アレルギーのせいかはわかりづらいですね。
普通の充血と見分けるポイントは、上まぶたや下まぶたをめくって見る方法です。
紫外線に当たっていない白目は白いままなら、紫外線アレルギーの充血を疑いましょう。
紫外線をたくさん浴びた日の夜にチェックするとわかりやすいでしょう。

太陽を浴びると目が痛い

普段でも太陽の光を目に浴びすぎると痛みや刺激を感じますが、無理に太陽の光を浴びていないのに、普段の生活での痛みや刺激を感じるようになります。
痛くて目が開けていられないぐらい、刺激がひどい症状も出ます。
そのままにしておくと目が紫外線のダメージを受けすぎていますので、放っておくのはとても危険です。

いつもは感じないような刺激を受けたら、紫外線アレルギーの症状だと思ってください。
紫外線を浴びるたびに目の痛みが発生するので、気付きやすい症状でしょう。

スポンサーリンク

異物感があってゴロゴロする

目にゴミが入ったとき、異物感を感じるでしょう。
紫外線アレルギーが原因の異物感やゴロゴロは、それと同じようなイメージです。

何か余計なものが目の中に入ってるような気がするけど、鏡を見ても特に何も入っていない…その症状にプラスして充血や痛み、痒みや腫れがあれば紫外線アレルギーを考えましょう。

異物感があるときの注意点

このとき気をつけたいのは、ゴロゴロして目に違和感があるからといって、触り過ぎないことです。
異物感と同時に痒みもあると、つい触りたくなるのはわかります。
しかし目が炎症している状態なので擦ったり触ったりを繰り返していると、目のゴロゴロした感じが悪化します。

スポンサーリンク

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com

関連コンテンツ