エントリーシートのTOEIC欄は受けてない場合どう書く?

エントリーシートにTOEICスコアと受験年月を記入する項目がある場合があります。
しかし、これまでにTOEICを受けていない場合は空欄のままにしておくのか、どのようにしておけばよいのかお悩みの方へ。
採用担当者の気持ちになってみればこれがポイントだ!ということをまとめておきます。

スポンサーリンク

そもそもTOEICスコア欄があるということは?

英語でのコミュニケーション能力で、最低基準を満たしているだろうか?という判断をしたいのです。

ここが空欄であったり、「未受験」と書かれていれば、かなりの確率で不利になるでしょう。

数多くのエントリーシートを受け取る大企業であれば、こうした書類選考ではできるだけ早い段階で仕分けてしまいたいのです。
特にTOEICスコア記入欄がシートの上部や角にある場合は要注意でしょう。

目視でパッと見て仕分けできる位置です。

あ、これは空欄だな。と思われたら、その先の項目には目を通さない可能せもあります。

TOEICを受けていない場合はどうすれば?

TOEICはほぼ毎月受験できます。すぐに直近の試験に申し込みましょう。エントリーシートの提出期限に間に合わないのであれば、
「○月○日受験予定です。結果が分かり次第ご連絡させていただきます。」
とメモを入れておけば、目に留めてもらえる可能性もあります。

空欄のまま、又は「未受験」となっているよりはずいぶん好印象になりますよ。

少なくともエントリーシートのその先の内容も読んでもらえると思います。

スポンサーリンク

TOEICスコアは何点以上が期待されているのか?

平均点は500点台ですが、
できれば700点は突破していたいですよね。
外資系となると、800点以上はとっておきたいところです。

2013年の調査ではこのような事がわかります。
企業が期待するTOEICスコアは?

書類選考の不備でチャンスを逃すのは大変もったいないことです。
必要な記入項目は、しっかりと埋めていきましょう。

スポンサーリンク

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com

関連コンテンツ