起動しないノートPCのハードディスクデータを取り出す方法は?

シェアする

自宅のWindows7ノートパソコンが起動しなくなりました。
OSが起動せず、リカバリも上手く進まなかったので、USBメモリにLinuxをインストールしてデータ取り出しを試してみました。
結果、うまく必要なデータを退避できましたの手順を簡単に記録しておきます。

スポンサーリンク

おおまかな流れ

  1. USBメモリ(1GBあればOK)を用意します。
  2. USBメモリにLinuxのうち軽量な種類であるLubuntuの起動イメージを入れる
  3. ノートパソコンのBIOS設定で、USBデバイスから起動するようにしておく
  4. Lubuntuの起動USBからノートパソコンを起動
  5. LubuntuからWindowsのハードディスクが認識できれば、それをコピーしてさらに別の外付けHDDにコピー

それでは以下詳細です。

Lubuntu起動USBメモリの作成

まずは、別のWindowsパソコンで以下の手順を実行し、Lubuntuの起動USBメモリを作成しました。
UNetbootin – Homepage and Downloads よりUNetbootinをダウンロードします。

Windowsパソコンならば一番の for Windowsの四角バナーをクリック。

ダウンロードしたファイルを開いてインストールします。

空のUSBメモリをパソコンに差し込みます。

UNetbootin を起動します。

Ubuntuが最も有名なディストリビューションですが、ここでは高度な機能をそぎ落として軽快に動作するLubuntuを選択しました。
このように選択。

一番下にUSBドライブの選択がありますので、該当するものを選択してOKをクリックします。
lubuntuinstall1

ダウンロードには1~2時間かかることがありますが気長に待ちます。

最後に、再起動しますか?と聞かれたら完了の印です。

スポンサーリンク

データーを復旧したいパソコンでの操作

BIOSの設定

BIOSの起動順設定で、USBデバイスを一番上に持っていき、USBメモリを挿した状態でパソコンを起動させます。

BIOSの設定画面の出し方は、パソコンの電源を入れたらすぐに F1、F2、またはF11、F12のいずれかを連打すると出てきます。(マニュアルをご覧ください)

USBメモリを差し込んだ状態で起動

メモリを差し込んだ状態で起動すると、英語のメニューが出てきます。
ここで「インストールせずに、試す (try が含まれている項目)」の行を選択して起動します。

すると、英語ですが、Windowsのような画面が表示されます。

ここで、Windowsキー + E を押すと、ファイル一覧を表示する画面が出てきます。

更に別の外付けHDDやUSBメモリを挿せば、自動的に認識してくれます。

Windowsで使っていたハードディスク領域も見られます(ハードディスクがクラッシュしていると見られませんが・・・)

この状態で、必要なWindows上のファイルを外付けのディスクにコピーできます。

私のノートパソコンもなんとかこの方法でデータを退避させることができました。

その後、HDDはSSDに交換してWindows8.1をクリーンインストールしました。
自宅のノートPCのHDDをSSDに交換しました。

シェアする

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com