ゴルフのグリップは右手人差し指付け根で押せばミスが減る

ゴルフスイングではグリップに始まりグリップに終わるという有名な格言がありますが、今日はまさにそのポイントを実感しました。
右手のグリップは人差し指の付け根の部分で押す感覚にすると、ダフリやトップのミスが激減しました。
テイクバックからインパクトまで、注意するポイントがひとつに絞れますのでお勧めです。以下、写真を交えてご紹介します。

スポンサーリンク

通常の右手のグリップ

このような感じでグリップしています。
数ある教本にあるように、人差し指と親指でできるVの字が右肩を指すようにしています。

golfgripright1

グリップの形だけを意識していたのですが、
かつて岡本綾子さんのゴルフ本か雑誌のコメントで出ていた、「右手人差し指の付け根で押す感覚」というのをやってみたのです。

右手人差し指の付け根とは

右手グリップを開くとこのようになっていますが、この写真の赤丸部分です。

golfgripright2

この赤丸部分で、グリップをターゲット方向に押し込む感覚でスイングします。

テイクバックからインパクト、フォローまでの意識

テイクバック

自分の好きなようにテイクバックしていきますが、上の写真の赤丸部分(右手人差し指付け根)部分に、クラブの重さを受け止めるように上げていきます。ゆっくりでも構いません。
ヘッドの重みを感じる、という表現のほうがしっくり来るかもしれません。

ダウンスイング

右手主体で、インパクトまでの間この赤丸部分に圧力を感じるようにスイングします。
じわじわと押しておく感じです。
実際は1秒未満の時間ですのでほんの一瞬なのですが。

インパクト

ここで、写真赤丸部分でグリップをターゲット方向に押し込みます。
グリップはゆるゆるに・・・という教えもありますが、ここでは右手グリップ圧マックスです。
逆に、左手のグリップは自然に任せます。

※ 押しこむ感覚によって、フェース面が自然とスクエアになるイメージですね。

アドレスする時に右手人差し指付け根でターゲット方向に押し込めるようなイメージでグリップしておくのがポイントです。これがその人に合ったスクエアなグリップなのだと思います。

スポンサーリンク

フォロー

インパクトでしっかりターゲット方向に押し込んだら、あとは惰性に任せて脱力します。
ヘッドの遠心力で、しっかりフィニッシュまで到達します。

これによって、自然と前傾姿勢をキープしたスイングになるのが驚きです。
ボディーターンはいまいち・・・という方にはおすすめのスイング方法ですね。
傾斜でもバンカーでも同じ考えで通用しますので。

例えば、こんなにフェースを開いていても、この打ち方ならふわっと上がってくれました。

golfgripright3

一度お試しください。

スポンサーリンク

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com

関連コンテンツ