ココマイスターの長財布を1年使って感じたメリット・デメリットを徹底レビュー!

プレゼントにも最適なメンズ長財布としてジワジワ人気が来ているココマイスターのマットーネ。
私は1年以上前に自分へのご褒美で買って使用中です。
以下のポイントを私の感想として写真付き徹底レビューです。

  • 1年以上使うと、外観はどんな感じになるのか?
  • 実際に使ってみて分かったメリット・デメリットは?
  • もしこれから買うとしたらどんな方におススメなのか?

この記事の目次

スポンサーリンク

なぜ私は有名ブランドではなく、ココマイスターを選んだのか

購入当時37歳だった私は、「そろそろ一生ものの長財布を買おう!」と決意しました。
稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?の書籍の流行もあったことがきっかけの一つではあります。

理由1.とにかくシンプルで機能美に優れたものが好き。

ブランドには全くこだわりがありません。
長財布といえばルイ・ビトンが定番中の定番ですが、ブランドロゴや柄は私にとっては不要な存在。
とにかくシンプルなのに、「機能美」が溢れる商品を探しました。

理由2.使い込んでいくごとに移り変わる経年変化(皮や木材など)も好き。

長財布ですので、経年変化を楽しみたい場合は天然革に絞られました。

私が購入した長財布はマットーネという革が使われています。
マットーネとは?(公式サイト)

理由3.ヨーロッパで1000年以上の歴史を持つ製法

卵白を使用したカゼイン加工という技法で、経年変化が進むごとに艶が出てきます。はじめから艶と光沢感にあふれています。

普通の革財布は、使い込んでいくと角の方から乾燥してザラザラ感が出てくるものですが、1年使ってもそのような部分はありませんね。

前置きはこれくらいにしまして、実際に1年間使うとこうなります!という部分を写真を交えてご紹介します。

1年使うとこうなります。

購入したばかりの写真はココマイスターの商品ページで確認して下さい。

マットーネ長財布の新品時写真(公式サイト)

まずは全景。色に深みが出ています。
coco1

coco2

ファスナーの取っ手部分もいい味が出てきました。
coco3

coco5

反対側の角。ダメージが出てきそうな部分ですが、乾燥も感じられません。
coco4

横からも撮ってみます。とにかく艶が深まってきています。
coco6

バッグに入れるときには、付属品でついてきたポシェット(小袋)に入れています。バッグの他の荷物とこすれてしまうと傷が付きやすいので。
coco7

ファスナーを開いて中身を見てみます。
仕切りの縫製も素晴らしい仕事です。さすが日本の職人さん。
明るい色合いが高級感を醸しだしてくれます。
coco8

こういった折れの部分も、新品当時とほとんど変わりがありません。
coco10

小銭入れ部分は、やはり10円硬貨の汚れと思われる汚れが付きやすいです。これはメンテナンスを全くしていない状態ですので、クリーナーで綺麗にする予定。
coco11

手に持った感じ。
やっぱり革はいいですね~。
手にしっとりと伝わる感触。財布の中身はいつも綺麗に、そしていつも複数枚のお札を入れておきたくなる財布です!
coco12

マットーネのメリット(ココが好き!)

シンプルな商品ですが、素材と製法にストーリーがあるというところ。

ストーリーのある素材:

ヨーロッパで1000年以上前から伝わる素材。経年変化が進むごとに艶と光沢が増していくという素晴らしさ。
天然皮革独特の、牛が生きていた時についた傷や血管の後などの表情が生かされている素材です。

ストーリーのある製法:

日本の職人さんによる丁寧な仕事!
やはり世界中見渡してもこれに勝るものは無いのでは?

職人さんの仕事の様子は公式サイトに写真付きで紹介されています。
ココマイスター日本の職人紹介

ストーリーがある、というのは、友人に思わず話してみたくなりますよね。
プレゼントとして贈るときにも、「あなたのために、こんなにこだわった商品を選びました!」というストーリーになります。

マットーネのデメリット(ココは気になる・・・)

あえてデメリットとしましたが、メリットの裏返しかもしれません。

バッグの中に気軽に入れられない

天然の革ですので水には弱いです。
そして、爪が長いと簡単に引っかき傷がついてしまいます。
少々の傷は経年変化の一部と考えても良いかもしれませんが、アウトドアでリュックに入れたり、ズボンのポケットに差し込んだり・・・という気軽さはありません。

私は子供を連れて遊びに行く時などには、長財布は持たず、無印で買った2つ折りの財布に入れ替えていきます。

なんとなく不便に感じるかもしれませんが、それ以上に、スーツを着るようなONの場面では「やっぱりマットーネはいい!」と思えますので、このデメリットは帳消しにできるでしょう。

スポンサーリンク

どんな方におススメなのか?

これはあくまで私の感想ですが、

シンプルながら、こだわりの逸品が欲しい、30歳代後半~の男性。

でしょうね。

ブランド名へのこだわりではなくて、物の本質に迫りたい方へ。

プレゼントとして購入する場合の注意点(在庫)

国内生産ですが、職人さんの一つ一つの手作りですので、人気商品は即発送できないことが多いようです。

特にクリスマスやバレンタインシーズンでの贈りものを考えていらっしゃる方は、早めに在庫のチェックをしておいたほうが無難です。

ココマイスターの商品ページに在庫状況が掲載されています。

公式サイトで長財布の在庫チェック

スポンサーリンク

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com

関連コンテンツ