トラックボールm570tが疲れるという方へ持ち方のご提案動画を撮りました。

ロジクールのトラックボールM570tの評判がかなり良かったので、アマゾンで購入してみました。
ところが、はじめの数日は慣れず、逆に手首が痛くなってしまう始末・・・。
慣れるのに1ヶ月程度は必要だろうと我慢していましたが、持ち方のポジションをいろいろ変えてみたら疲れない場所を見つけましたのでYoutubeにアップしました。

スポンサーリンク

M570tの配置パターンと持ち方を動画でどうぞ。

字幕に説明を入れましたので、字幕ONでご覧ください。
追記:スマホだと字幕が表示されない!?という方はこの動画下の解説でどうぞ。

動画を解説:M570tの置き方

トラックボールm570tをどのように置くか、これによって手首の角度が変わりますし、親指の可動域も人によっては大きく変化するでしょう。

ちなみに私の場合は、中央よりやや右よりに向くようにすると、親指がスムーズに動くようになりました。
動画でいうとこの部分よりは若干中央よりに戻ったあたり・・・微妙な調整を繰り返すと見つかります。
m570t-right

動画を解説:親指の乗せ方

親指の乗せ方にもコツがあります。
親指の先端の方で操作してしまうと、かなり手首に緊張感が出て、すぐに疲れてしまいます。

そこで、やや指の腹寄りの部分
m570t-thum

このあたりを青いボールに自然に乗せて、親指の重さをそのまま脱力して乗せるようにするとうまく行きます。
この時、手のひら全体を「Logicool」と書かれたロゴマークよりやや上に乗せてだらーんと休ませておくと最小限の力で操れるようになります。

うまく伝わると良いのですが・・・。

はじめは全く使える気がしない、でも慣れると手放せない!
そんな道具ですね。

スポンサーリンク

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com

関連コンテンツ