エレコムM-DT1DRBKとロジクールM570tとの比較写真

エレコムM-DT1DRBKとロジクールM570tを並べて、さまざまなアングルで並べて写真を撮りましたのでアップします。

スポンサーリンク

並べてみると分かること

左側から見たところ。ロジクールM570の方がなだらかな曲線。エレコムM-DT1DRBKはこんもりとした山のような感じ。日本人の手の大きさに合わせたそうです。

trackball5

▼奥側から見たところ。
trackball4

▼左側から見たところ。
こうして並べてみると、結構違うものですね。
私は割と手が大きい方なので、M570tの方が置いた感じはしっくりきます。
trackball3

▼手前側から見たところ。
trackball2

▼真上から見たところ。
ちなみにボールを入れ替えても全く同じサイズなので使えました!
trackball1

スポンサーリンク

親指クリックの感覚は?

クリック自体は適度なクリック感があり、やりやすいですね。
ただし、ドラッグは慣れが必要です。
まだ使って2日目ですが、ドラッグ中に親指が無意識に離れてしまうことがあるので、練習が必要です。

親指とボタンの間隔(押しやすさ・距離感)はこちらに書きました。
人差し指トラックボールのボタン配置レビュー[動画あり]

amazonの価格は毎日変動していますね。

スポンサーリンク

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com

関連コンテンツ