意外とリアル?100均グッズでハロウィン用ゾンビメイクの恐怖。

ハロウィンの仮装で思い切ってゾンビメイクをしたという方へ。100均グッズで手軽にゾンビメイクする方法をご紹介します。

子どもたちの仮装といえば、今では100均グッズ魔女の帽子やマントが定番化しつつありますが、そんなのは子供っぽくて嫌だ!という高学年のお子さんや、同伴するお母さん、お父さんにおすすめです。これで記念写真を取ればなかなか面白いですよ。

スポンサーリンク

100均で揃えるメイクグッズ

ゾンビの生傷を表現するメイク方法

■準備するもの:
水糊(アラビックのりのようなもの)、水性ペン(傷を表現するので、赤、ピンク、肌色、茶色、黄色の系統で)

※間違えて油性ペンにしないように気をつけて下さい^^;

頬など、まずは傷にしたい所に赤の水性ペンで輪郭を描いていきます。
中も赤で軽く塗りつぶしたら、ピンクや茶色など、他の色を塗っていきます。
傷っぽく塗り重ねたところで、水糊をその上にまんべんなく塗ります。
水糊が乾燥したら、綿棒などで引っかき、傷口がダラっと剥がれている様子を表現してみましょう!

目の周りは、黒いアイライナーで

目の隈というか、くぼみの感じを表現するなら、黒のアイライナーまたは、ダーク色のアイシャドウでぼかしたりして表現できます。

最近は100均の化粧品コーナーも充実しています。

あまりっくっきりさせるとお笑いっぽくなってしまうのでご注意を。

追記:Youtubeでそのものずばりな100均グッズでゾンビメイクという動画を見つけましたのでご紹介しておきましょう。これはかなり本格的です!ぱっと見怖いですが、メイクですのでご安心を。
お子さんには怖すぎる・・・という方は、上記の簡単バージョンでどうぞ。

ゾンビ衣装の簡単な作成方法

ロングTシャツなど、もう着なくなってしまったものを切ったり裂いたりして、赤茶系統の絵の具やスプレーで着色すると簡単ですね。

包帯もビリビリと裂いて、着色して上手く組み合わせると雰囲気が出てくるでしょう。

ゾンビと言ってもほどほどに・・・

あまりリアルにし過ぎると変な注目をあつめるだけですのでほどほどにして、少しはユーモラスな部分も付け加えたほうがよいかもしれませんね。

小さいな子が怖がってしまっては、恐怖のイベントになってしまいますので。

まとめ

  • 生傷メイクは水糊と水性ペンでお手軽に
  • 衣装はスプレーを使うと簡単
  • ユーモラスなゾンビで楽しくハロウィンを!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com