クロールの手のかき方動画はこれ!入水は鋭角で泡立てず。

シェアする

楽に長く泳げるクロールにあこがれて、Youtube動画で手のかき方を調べていたのですが、こちらの動画が非常にわかりやすかったのでメモしておきます。

ポイントは、

  • 肘を上げるのは最小限に
  • 入水は泡が立たないように鋭角に入れる(これでかなり変わりました)
  • 入水後はそのまま下にかけば良い。(S字プルなどはしなくても良い)

タイトルにはトライアスロンの・・・とありましたが、楽に泳ぐクロールそのものだと思います。

私は前回、手はとにかく重力に任せて脱力させてみるという方法で50mクリアしたのですが、この「鋭角に入水」を取り入れたところ50mもかなり楽になりました。25mのストロークも、25回⇒21回に短縮できたので、まだまだこれを縮められそうです。

手を鋭角に入水させてから、前に伸ばす。このことによって、水面に泡が立つことを抑えて水をシッカリかくことができるという事なんですね。

次は2ビートキックにチャレンジしてみたいと思います。
日経Goodayにいい記事がありました。 ストロークとキックの動きをバッチリ同期

だんだん記録が伸びていくのは楽しいものです。なんだかゴルフを始めた時と同じような上達の楽しさがありますね。

シェアする

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com