楽なクロールの泳ぎ方はキックがコツですね!

スポーツクラブのプール会員になってはや2ヶ月。
完全に独学ですが、やっとクロールを楽に100m泳げるようになりました。

とりあえず50メートル泳げるようになった記事はこちら

クロールを楽に50m泳げるようになった3つのコツとは?
クロールの手のかき方動画はこれ!入水は鋭角で泡立てず。
クロールを楽にゆっくり長く泳ぐには2ビートキック!2ヵ月でマスター。

たかがクロールなのですが、なかなかイメージ通りに体は動かず・・・コレばかりは回数こなして慣れる必要があります。

そして、やっとキックの仕方が分かってきました。結果的に手が楽になり、100m楽に泳げるように!
キックのコツをメモしておきます。

スポンサーリンク

クロールのキック、やっと分かったコツ

恐らく、しっかりトレーナーの方に習えば始めにキックの練習をするのではないでしょうか?
キックは、足を上げる→下げる
の繰り返しですが、ムチのようにしならせるのが重要なんですね。

多くのウェブサイトで紹介されているのですが、頭では理解できても体を動かすのは難しいです。

このキック、
足を上げる
足を下げる

の2つのパートがありますが、大事なのは足を上げる部分で、「膝を曲げずに腿から上げる」。
下げる時は、膝はできるだけ曲げず(自然に少し曲がる)、ビシッとムチを振るように下に下ろす

これですね。やっとできるようになってきました。
1回のキックがうまくいくと「スイーッ」と進みますので、結果的に手にも力が入らず、長く泳げる。

足を上げる動作は体のローリングと連動させれば更に楽になりそうです。
クロール、面白いですね。

スポンサーリンク

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com

関連コンテンツ