骨盤立てるだけ!筋トレせずにお腹を凹ます私の方法を公開します。

骨盤を立てて座る方法を覚えると、座っているだけで腹筋や背筋を鍛えることができます。

最近怠けていておなか周りがたるんできたので、20代前半のころを思い出して座り方を見直してみました。

やっぱり効きます。それでは具体的な骨盤の立て方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

気がついたら、椅子に座る時に骨盤が寝ていた・・・。

デスクワークが多い仕事をしています。
これまでは、背もたれを一切使わず、骨盤を立てて座っていました。ところがよく考えると、最近ちょっと疲れると、背もたれに体を預けて、そのまま骨盤が寝たまま、猫背気味にパソコンに向かっている自分に気がついたのです!

「腹が出てきたのは、この座り方が原因か!?」

ということで、以前のように骨盤を立てて座って仕事をしてみました。すると、「腹筋がかなりキツイ・・・。」

そうとう腹筋がだらけていたのだな~と反省。

その分脂肪が周りにつきやすくなっていたのかもしれません。とにかく、この姿勢の維持はシッカリ続けていこうと思います。

猫背も改善されるので、呼吸は楽な感じになりますね。

姿勢を気にしだしたのはウォーキングを始めて、歩き方にも気をつけだしたということがきっかけです。ウォーキングは色んな所に良い影響を与えてくれますね。

骨盤を立てるってどういう姿勢?

骨盤を立てると言っても、なかなか説明が難しいのですが、もし、キャスター付きの椅子に座っている方でしたらこれを試してみてください。

  1. 普通に座る
  2. 上半身の位置はそのままキープして、椅子だけ少し後ろに下げる(体型にもよりますが、15センチ位でしょう。)
  3. すると、おへその裏側の背中の筋肉がやや緊張するのが分かりますか?その背中部分が反りすぎず、骨盤の上に上半身が垂直に立っているような感覚がつかめれば成功。更に、自然に猫背も改善されているはずです。

この座り方をしていて、以前は「姿勢いいね~」と褒められていたのですが、最近怠けてしまっていました。。。

1~2週間は腹筋が辛いかもしれませんので、適度に休憩を入れて下さい。

スポンサーリンク

筋トレは要らないのか?

割れた腹筋でEXILEみたいにしたい!という方は腹筋トレーニングとプロテイン摂取などが必要です。

しかし、メタボ検診に引っかからない、だらしなく見えない、というレベルでしたら筋トレは要らないと思います。

普段の姿勢で骨盤を立てることに気をつけて、ウォーキングをしたり、極力階段を使ったりするような生活習慣にするだけで、改善に向かうでしょう。
ウォーキングであればこちらの記事も役に立つでしょう。
速くて楽しい!時速6キロ出せるウォーキングの歩き方

私も以前腹筋トレーニングやってみましたが、やっぱり辛いので継続が難しいですね~。

まとめ

  • 急に下っ腹が出てきたら、骨盤を立てる姿勢を試してみてください。
  • 通勤で歩く距離を増やしたり、階段使用を増やしてみましょう。
  • 筋トレもいいですが、継続しやすい方法を。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com