ドライバーが当たらない方必見!芯に当たるたった1つのコツ

ドライバーが芯に当たらない・・・コースに出ると全くダメ。そんな初心者から中級者の方にご紹介する練習方法をまとめます。私はこれで、ドライバーが楽しくなりました。ダフる方には即効性があると思います。それは、アドレスでクラブヘッドを浮かせるということ。

スポンサーリンク

クラブヘッドを浮かせて構えます。

ほとんどの方は、クラブヘッドを地面につけて構えると思います。私もこのスタイルでしたが、藤田寛之プロを真似して、クラブヘッドを浮かせて、アドレスの段階でヘッドの芯と、ボールの芯がほぼ水平に並ぶようにしてみました。

練習場でこのスイングを試してみたところ、ほとんどダフらなくなりました(^^)

軽くポーンと芯に当たる感じでボールが飛んでいきますが、飛距離は軽く200ヤードは超えます(それまでは180ヤード位でした)。

スイング自体は変えていません。ご自身のこれまでのスイングを試してみてください。変えるのは、アドレスでのヘッドポジションのみ。

当然ですが、ヘッド位置が地面を離れるため、上体がやや起き上がった感覚になったり、スイングプレーンがフラット気味に感じられますが、気にせずいつものスイングを。

「それではトップするのでは?」という方もいらっしゃるでしょう。まずは試してみてください。

ダブリ、引掛け、ダフった後のトップで池ぽちゃ連発・・・だった私が、コースでもティーショットが楽しくなった方法です。

もし、トップしか出なくなってしまった・・・という方は、この方法は合わないと思いますので別の方法をお試し下さい。
^^;

スポンサーリンク

トップしてもいいから、ドライバーで空気を切り裂くイメージで

構えてみると、一見トップしそうな感覚に襲われます。
しかし、ここを我慢して、ボールの上を空振りしてもいい!という感覚で空気を切り裂くイメージでスイングします。

すると、ドライバーの芯にあたってナイスショットか、ややトップ気味の超低空弾道が飛び出しました。

ドライバーが当たらない問題が改善された原因は?

いままで地面にヘッドを着けてアドレスしていた時にダフっていた原因ですが、私の場合はおそらくトゥダウンだと思います。

そのため、ヘッドを浮かせて構えることで、トゥダウンが起こっても、ヘッドが地面に着地せずに、ちょうどいい具合にヘッドの芯とボールが一致するようになったと思われます。

これで振りぬく感覚がつかめてきましたら、NHKのためしてガッテンで以前放送された「オノマトペ」を取り入れると、更に飛距離が伸びますのでお勧めです。グッチ裕三さんは7番アイアンで20ヤード以上伸びてました。

ゴルフスイングのオノマトペ。ためしてガッテンを思い出した!

ドライバーが当たらない時の練習まとめ

  • ドライバーのヘッドを浮かせてアドレス
  • トップしてもOK!という気持ちで
  • 空気を切り裂くイメージで振りきってみましょう
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com