お父さんが運動会リレーで転ばない秘訣!瞬足サイトで発見。

幼稚園の運動会や、町内会の運動会ではアラフォーお父さんにもリレーの役割が回ってきますね。そんな急なリレーでは、コーナーでの転倒、更には大怪我につながることも珍しくありません。怪我を予防し、なおかつかっこよく駆け抜ける方法を瞬足のウェブサイトで学習しましたのでポイントをメモしておきます。

スポンサーリンク

お父さんがリレーで転ぶという科学。

幼稚園や小学校の運動場トラックで、お父さんが転ぶのには、実は科学的な(物理ですね)根拠がありました!

トラックのコーナーを駆け抜ける時に、体にかかる遠心力Fは、次式で表すことができるそうです。

F=m*v^2/r

【注釈】
F=体にかかる遠心力
m=ランナーの体重
v=速度 (v^2 は速度の2乗の意味)
r=コーナー部分の半径

上式より、

・ランナーの体重が重いほど遠心力は大きくなる。
・トラックのコーナが作る円の半径rが小さいほど遠心力は大きくなる。(幼稚園の運動場では特に)
・速度が速いほど、遠心力は大きくなる。(速度の2乗に比例する)

ということで、体重が重く、速度も速い大人は、子供に比べて運動場のコーナーで遠心力が大きくかかり、転びやすいということですね。

遠心力に打ち勝つ走り方は?

まったく事前にトレーニングをしていない場合は、その日にフォームを変えるなんてことは難しいですよね。

そこで私の提案。あくまで怪我を予防するための転倒防止策です。

それは、バトンを受け取ったら全力ダッシュはしない。小股でスタートして徐々にペースを上げていく戦法です。

いきなり全力ダッシュすると、第一コーナーでトップスピードで突入するため、かなり転びやすいと思います。

徐々にペースを上げていく方法なら、第一コーナーの終盤がトップスピードになり、そのまま加速し続けてゴールにたどり着けるでしょう!

トラック1周の場合は、第2コーナ手前でほんの少し減速し、(バテて自然に減速しているかもしれませんが・・・)コーナーを抜ける時に再加速すると、転ばないはずです。

スポンサーリンク

大人用の瞬足は買いか?

子供に人気の瞬足ですが、実は最近は大人用も発売されています。
コーナーで転びにくいように、スパイクのような効果が期待できるそうです。とにかく1周を全力で駆け抜けたい!というお父さんにはいいかもしれません。

もちろん、瞬足にしただけでは足は速くなりませんので、事前のトレーニングやストレッチは必須ですね。

瞬足を履かないお父さんでも、何週間か前から、下半身のストレッチをしておくだけでも腿の上がり方、ストライドの長さが変わりますので、怪我防止のためにもやってみてくださいね。

運動会リレーで転ばない方法のまとめ

  • コーナーを抜ける時にトップスピードで
  • 大人用瞬足という方法もあります。
  • 怪我防止に事前ストレッチを。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com