英検5級勉強法といえばこの2冊!小5の息子も独学で合格。

小学校5年生の息子が英検5級試験を受け、合格しました。1ヶ月程度の勉強期間です。いろいろと購入した参考書のなかから、この2冊に厳選し、効果がありましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

小学生でも理解できる文章の参考書が必須です。

英検5級は中学1年レベルですが、小学生が受験する場合には、当然小学生にもわかる表現を用いている参考書が必要です。

これがなかなかアマゾンのランキング上位には載っていないんですよ。
そこで、中学生向けのベストセラー本も含めつつ、比較検討して、次の2冊にしました。

英検5級の単語と会話フレーズを音読で覚えるためにはこの本

『出る順で最短合格!英検5級パーフェクト問題集』
ジャパンタイムズ 編

中身の一部は、アマゾンのサイトからチェックできます。
この本のいいところは、単語はもちろん英検5級に必須なものだけが掲載されているということですが、【例文もきちんと英検5級に出そうな表現になっている】ということ。

付属のCDですべて聞くと40分位なのですが、うちの小5の息子は、毎日このCDを聞き、音声に続いて音読することで、殆ど覚えてしまいました。2週間位ですね。

音声スピードは本試験並のスローな感じです。2週間もするとかなり慣れてきたので、ウォークマンに入れて1.75倍速再生で聞いています。

音読で覚えられる量なので、単語カードもいらずに楽です。

これだけの良書なのに、アマゾンでレビューが無かった(2014/10/02時点)のが不思議です。

英検5級の文法事項を短時間で修得するたにはこの本

『最短合格!英検5級総合対策』

ページ見本がこちらのPDFにありました。

サンプルPDFへのリンク

特徴としては、イラストを多用して、説明も小学生に簡易な表現を使用しています。
そして、英検5級対策にありがちな、「中1英語の基礎からまんべんなく」ではなくて、「英検5級にでる範囲だけ」なので、効率的です。

練習問題も掲載されています。

その他にも英検5級対策の参考書は山ほどあるのですが、中学生や大人向けのものが多く、解説文が小学生には難しい物が多いです。(漢字が読めないだけでもテンションダウンですからね。)

スポンサーリンク

英検5級勉強法。前半2週間はとにかく音読、音読、また音読。

とにかくはじめの2週間は、CDにつづいて音読を繰り返しました。
一冊まるごとです。

はじめは大変そうでしたが、1週間もすると慣れてきて、2週間後には、CDの先に言えるようになりました。(音楽のアルバムで、次の曲がわかってしまうあの感覚です)

実は、この1冊まるごと音読を繰り返す勉強法は、親である私自身のTOEIC学習経験から応用しています。音読という単純業におとしこんで、ひたすら繰り返してTOEICは4ヶ月程度でスコア870まで達しています。
参考記事はこちら–>TOEIC800点を超える音読勉強法

単語だけでなくて、
例えばbasketballなら、 play basketball every weekend
のように、英検5級に出そうなフレーズで暗記しているので、関連する単語もスラスラ出てきます。

後半の2週間は、文法事項を間髪入れずに復習。完璧は目指さない。

文法事項は、細かいところまで完璧にしようとすると小5の息子にはキツイようでした。文の大意を掴むことを念頭に、疑問文と否定文の作り方だけは抑えるようにして、7割位は筆記で大丈夫と思います。

実際の試験は、60点で合格ですから。

この後、試験慣れするために、過去問を3回分やります。これは次の記事で詳しくご紹介しています。

自宅のプリンタで過去問を印刷できます。
eiken5 1

英検5級 小学生向けの無料直前対策はこれ。息子と実践中です。

英検5級小学生勉強法まとめ

  • 小学生向けのジャパンタイムズの英検5級本がおすすめ。
  • 文法事項は完璧を目指さない。
  • とにかく音読は自信につながります。
  • 小5の息子もこれで一発合格できました!よくやった!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com