ボジョレーヌーボーとボージョレヌーボー正しくはどっち?


ボジョレー・ヌーボーとして広く知られていますが、ボージョレ・ヌーボーという表記があることも知りました。どちらが正しい表記なのか確認してみました。

スポンサーリンク

一般的に見聞きするのはボジョレー

酒屋さんやコンビニ、スーパーマーケットなどでの表記は、「ボジョレー・ヌーボー」が多いですね。私もこの表記しかないと思っていました。

ところが「ボージョレ」という表記も目にして、あれ?どっちが正しいのだっけ?と混乱してしまいました。

実際の発音としては、ボージョレの方が近いそうです。

ソムリエ協会や新聞などではボージョレ

本来の発音に近いのは「ボージョレ」ということもあるのだと思いますが、ソムリエ協会や、新聞記事などでは「ボージョレ」が基本になっています。

広辞苑でもボージョレ。

試しにネットのデジタル大辞泉で検索したところ、

ボージョレ‐ヌーボー【(フランス)Beaujolais nouveau】
《「ヌーボー」は新しいものという意味》その年の秋季に、フランスのボージョレで収穫されたブドウ(ガメイ種)で造られる赤ワインの新酒。醸造期間が数か月と短く、解禁日の11月第3木曜日を世界各地で愛好家が待ちわびる。

とありますね。

言っているうちにややこしくなるので・・・

・・・と、書いている内にどちらか分からなくなってきました
^^;

もし新聞記者になる予定がある方、その他公的な文書に携わる方は、ボージョレとして覚えておき、それ以外の方は「ボジョレー」で良いかもしれませんね。

だれかが「ボージョレ」と言っていても、「ボジョレーだよ!」なんて怒らないでくださいね。

ボジョレー?それともボージョレ?まとめ

  • 一般的にはボジョレー
  • 辞典や新聞記事、ソムリエ協会ではボージョレ
  • どちらでもOKですね。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com