飛行機で子供が一人旅する時に申し込めるサポート内容です。

11月の連休に小5の息子が、名古屋から熊本まで飛行機の一人旅をすることになりました。とはいっても、熊本空港で従兄弟家族が迎えに来てくれますが。搭乗から、出迎えゲートまでの子供サポートサービスを調べて申し込みましたので、メモしておきます。ANAとJALの場合です。

スポンサーリンク

行きはJAL便なので、JALのキッズお出かけサポート

hikouki対象は6歳から11歳までなので、小5の息子はギリギリセーフ。
キッズおでかけサポートのウェブサイト
に、申込書があります。
この申込書は、ネットなどで航空券を予約した後でも申し込むことが可能です。

【空港に行く前の準備】
1.上記ウェブサイトを確認し、「JALスマイルサポートデスク」電話して、「キッズおでかけサポート」を利用する旨連絡しておきます。
電話番号は、0120-25-0001
7時から20時受付で年中無休。
※私のソフトバンク携帯(ガラケー)から上記フリーダイヤルにかけたところ、「この電話からはかけられません」というメッセージが流れ、電話できませんでした(汗)
自宅の固定電話で電話してつながりました。係の方が、不明な点もいろいろ相談に乗ってくれますので助かります。

【空港での流れ】
1.上記ウェブサイトの申込書を事前に作成して印刷たものを空港に持っていきます。

2.JALスマイルサポートカウンターという場所で搭乗手続をします。この時、印刷済みの「キッズおでかけサポート申込書」を提出します。

3.見送りは、搭乗口まで可能です。ただし保安上、付き添い人数は1人。

4.飛行機に乗り、到着したら、到着ロビーまで係員の方が付き添って案内してくれます。(出迎えは、「JALスマイルサポート」という看板のところです。)

【追記】2014/11/22、名古屋空港(小牧)から出発しました。受付は普通のカウンターで親同伴で行い、キッズおでかけサポートの旨を告げて書類一式を渡すと、すぐに担当のキャビン・アテンダントが同行してくれました。私もセキュリティチェックまで一緒に通ることができます。(特別なパスをもらいます)不安な点は全くなく、安心しました。

帰りはANA便なので、キッズらくのりサービス

ANAではキッズらくのりサービスというサービスを利用します。

こちらもほとんどJALと同じようなサービスです。

1.キッズらくのりサービスのウェブサイトにある申込書・同意書を印刷して必要事項を書き込み、空港に持っていきます。

2.出発時刻の30分前までに、「らくのりカウンター」というカウンターで搭乗手続きをします。すると、「キッズらくのり専用ホルダー」をもらえるので、これを身につけます。

3.見送りは搭乗口まで。付き添いは1人まで。

4.JALの場合と同様、飛行機が到着したら、到着ロビーまで係員の方が付き添ってきてくれます。親は、ここで待ち、引き渡しが終わったら書類にサインして終了。

という流れですね。

まだ申し込んだだけなのですが、当日ドキドキではあります。
一人で飛行機に乗るという大冒険。これも成長のきっかけになってくれればと思います。
こういった、子供サポートサービスを利用すれば安心ですね。

【追記】2014/11/24、セントレア中部国際空港に息子が無事帰ってきました。国内線の到着フロアに、下の写真のような看板が出ていますのでここで待機。
anakids
そして、キャビン・アテンダントさんと一緒に出てきました。多少疲れ顔でしたが、楽しく旅行ができて、一人で飛行機にも乗れて自信がついたようです。

子供の飛行機一人旅をサポートするサービスのまとめ

  • JALはキッズおでかけサポート
  • ANAはキッズらくのりサービス
  • 搭乗口まで付き添いできるので安心です。不明な点はカウンターで直ぐに確認ですね。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com