内藤プロのゴルフスイングのコツ!グリップは5本指で

毎日素振りだけはトレーニングしているのですが、どうやったらヘッドが走るのか、グリップの仕方をいろいろ試すのが趣味になりつつあります。ふと思いつき、インパクトの直前で右手の親指、人差し指、小指、を伸ばしてみたら、ビュン!と走りましたよ。

スポンサーリンク

内藤ティーチングプロのグリップ論に近い?

右手はゆるめたほうがいい。という通説に基づいて、インパクト直前で右手だけ緩めるために、親指、人差し指、小指、を伸ばして(グリップから離した)みたところ、確かにヘッドが走ります。

まだ実際にボールを打っていないのですが、明らかに風切音が違うので。

そこでネット検索。「ゴルフ インパクト 右手を緩める」

出てきました。ティーチングプロとして有名な内藤プロの記事

ここにもありました。あすゴルの記事

グリップの力の入れどころと抜きどころがあるとのこと。
左手は小指、薬指、中指。
右手は薬指と中指。
この5本以外は添えているだけだと。

更に、右てのひらの向きは、ターゲットを指すこと。かなりの人が、手のひらを被せてしまい、ウイーク気味になっているようです。前回書きました、グリップを下から支えるというのも、結果的に右手のひらがターゲットをむきやすくなる良い方法だと思いました。

ということで、私の試した思いつきスイングは、あながち間違いではなく、ヘッドを走らせるためには有効だろうと判断しました!
次の練習場で試してみよう!

スポンサーリンク

このグリップ、何と名付けようか・・。

インパクトで右手の親指、人差し指、小指を伸ばすポーズ。
確かこんなホーズあったなぁ・・・と調べてみたのですが、親指と小指だけ立てるのは、ハワイの「アロハ」の挨拶。

親指、人差し指、小指の3本を立てるのは、なんと「I Love You」だそうです。

「I Love Youグリップ」は小っ恥ずかしいので、また考えておきます。

指は立てなくても、緩めればOK

指は立ててしまえば力ゼロに近いのでいいかもしれませんが、かえって他の部分に力が入ってしまう可能性もあるわけでして、逆の見方をすれば、上記の5本指でシッカリ握って、他の指を緩めればOKなんですね。
(内藤プロの解説に立ち返りました)

ゴルフスイング、ヘッドの走るグリップのまとめ

  • 左手は小指、薬指、中指、右手は薬指、中指で握る感覚
  • 他の指は添えているだけ
  • 「I Love You」ポーズも試してみます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com