インフルエンザそれとも風邪?症状の違いは全身の倦怠感から。

急に38度を超える高熱が出てしまった場合、「これは単なる風邪なのか?それともインフルエンザなの?」と判断が自分では難しいですよね。どちらにしても、11月から3月あたりではインフルエンザの流行する季節ですので、すぐに内科医で判断してもらうことが賢明です。

事前に判断したい方へ、100%ではなくてあくまで目安ですが、見分け方を調べました。

スポンサーリンク

38度の高熱に加えて、筋肉痛や全身の倦怠感がありますか?

インフルエンザは、普通の風邪に比べて次のような特徴があります。

まず、症状の進行が急激であるということ。
普通の風邪は、何日かかけて喉の調子が悪くなるなどの前兆がありますが、インフルエンザは突然の高熱、というケースが多いです。

次に、全身の倦怠感。
普通の風邪では、せき、鼻水、鼻づまり、喉の痛みがありますが、インフルエンザではこれらに加えて、全身の筋肉痛、関節痛、頭痛、食欲不振などが伴います。

※インフルエンザでない場合でも、これらの症状はありますので、あくまで目安です。

インフルエンザ、私の経験した症状はこれです。

私はこれまでに2度、インフルエンザと診断されたことがありますが、両方に共通していた症状を参考に列挙しておきます。

普通の風邪の症状と比べた、私(アラフォー男性)の感覚的なものです。

・全身がだるく、普通のスピードで歩けなくなる。
・頭がぼーっと、軽く酔った時のようなだるさが続く。
・かがむ姿勢をとると、頭がガンガンする。
・食欲がない。
・暖房の部屋の中にいても、かなり着込んでも寒気が止まらない。
・全身の関節に違和感がある。

スポンサーリンク

38度以上の高熱なら、迷わず内科医へ

特に11月から3月までの期間は、38度の高熱が出たら迷わず内科医へ行くことをおすすめします。風邪とインフルエンザの違いはあるものの、素人判断では危険です。

内科医での検査キットで判断してもらうのが1番。
もし、インフルエンザだった場合に、放っておいて家族や職場で広めてしまったら大変です。

インフルエンザと風邪の症状の違いのまとめ

  • インフルエンザは症状の進行が急激。
  • 全身にわたって倦怠感が出てきます。
  • とにかく内科医で受診しましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com