ドライバー飛距離アップ!フェイスローテーションを森守洋プロから学ぶ

今日も打ちっぱなしでドライバーをバシバシと打ってきました。前回のコンペで、とにかく安全第一のハーフショットでほとんどのティーショットをミスなく200ヤード前後のキャリーでこなせましたので、そろそろ飛距離がほしい!ということで、森守洋プロの教えを思い出しました。そうです、スクラブヘッドのフェイスローテーションです。

スポンサーリンク

飛距離がほしいならやっぱりダウンブローでドローボール!

今までは、とにかくミスを防ぐため、100を切るためのスコアメイクをテーマに練習してきました。もうそろそろ飛距離アップも考えたいと思っていました。

そこで、今まで多くのゴルフレッスン本やらDVDを見てきた中で、シンプルで、かつ効果のあった方法を引っ張り出してきました。森守洋プロのダウンブロー指南にある、「フェースのローテーション」です。

フェースローテーションは、意識しなくても、腕を脱力して体を自然にターンさせるだけで行われます。

しかし、飛距離を伸ばすためには、体のターンに加えて、このローテーションをタイミングよく意識的に行います。はじめはフックばかり出ますが、タイミングをつかめるようになると、素晴らしいドローが出ます。

私は今日の練習場で、30球ほどでドローが出るようになりました!
森守洋プロのレッスンは、Youtubeにも出ていますので、フェースのローテーションを確認したい方は御覧ください。ドライバーでも同じ考え方で打てます。
動画内で森守洋プロが「フェイスをターンさせる」「右腕を伸ばす」と表現しています。森守洋プロの著書を読み込むと、「前腕のローテーション」と言っているので、このことですね。
手首をこねるのではなく、前腕、つまり、肘から先をグリンとローテーションさせるイメージで、クラブヘッドのフェースローテーションがうまくいきますよ。

アプローチでも同じように打てます。

↑の動画にもありますように、アプローチでも同じように、前腕をローテーション(フェイスをターンさせる意識)で、チップショットなどが打てます。7Iを短く持って転がす、といった場面でも活躍してれます。

ダフリのミスも減ってきますので試してみるといいですね。
はじめはホームランが出るかもしれませんが、これはとにかくリズムとタイミングをつかめるまでが勝負です。

スポンサーリンク

フェースを開くだけでロブショットまで打てる!

クラブフェースローテーションを意識しすぎると、低い球しか打てないのでは?と思っていましたが、フェースを思い切って開いてアドレスし、普通に前腕をローテーションさせて打つと、ふわっと上がる30ヤードロブショットも打てます。はじめは度胸が入りますが、自分を信じてスイング実行あるのみですね。迷いが入ってはシャンクします。

ドライバー飛距離アップのまとめ

・前腕ローテーション、つまりフェースローテーションをタイミングよく行います。
・はじめは引っ掛け、フックが出るかもしれませんが、
・タイミングをつかめるようになると、素晴らしいドローが出ますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com