シール台紙のはがし方をお探しの方へ!カッター技で2秒でめくれる。

シールを細かく切った場合、爪でシール台紙(裏紙)をめくるのがうまくいかなくてイライラする!という方へ。

私も業務でA-oneのシールを細かく切って貼る作業をしていたのですが、爪はいつも短く切っているのでなかなかめくれなくてイライラしていました。

試行錯誤した結果、カッターをうまく使って、安全かつ素早くめくれるようになりました!

慣れれば2秒でめくれます。

そんなカッターの技をおご紹介しましょう。

スポンサーリンク

シール台紙(裏紙)側にカッターで薄く切込みを入れます。

※カッターを使う時は、カッター版の上か、いらない段ボールなど厚紙の上で作業しましょう。

図をパソコンで描こうと思ったのですが、手書きのほうが早いのでメモ用紙に描いてみました!
まず、シールがこのようにあります。
この図では、上面が台紙部分、下面がシール部分です。分かりやすいやすいように厚みは強調して描きました。

seal1

このシールが小さくてなかなかめくれない!
という時に、下の図のように、カッターの刃で、台紙部分の隅に薄く切り込みを入れます。(台紙部分のみ切れるようにします。何回かやると力加減がわかりますので誰でもできますよ。)

seal2

■ポイント

上図のようにカッターの刃を立てたら、カッターを動かさずに、シールを(上図でいうと)右側に引っ張るようにすると、一定厚さで安全に切り込みを入れられます!

スポンサーリンク

切込み部分を折れば、中央から台紙がめくれます。

そして、めくりやすいように、切り込み部分から半分に折り、そこから台紙を剥がします。
こんなイメージです。

seal3

まとめ

小さなシールはめくれないとイライラするのですが、この方法を思いついてからは、ささっとできるので作業自体も楽しくなりました。

自分で図に描いてみたら、結構地味な技だなぁ・・・と思い、アップするのを少しためらったのですが、きっと誰かのお役に立つだろうと思い、載せてみました。

ご参考にどうぞ!

スポンサーリンク


姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
https://37toeic.com

関連コンテンツ