熱中症になったらお風呂は入っていいの?入浴の注意点はこれ

熱中症になったらお風呂に入らないほうが良いのでしょうか?
体内の水分や塩分が少なくなっているときなので入浴は控えるべきなのでしょうか?

そんな疑問にお答えしていきます。

スポンサーリンク

夏場の入浴が体に与える影響

夏バテの防止や夏の冷え症対策、安眠効果など、入浴することは暑い夏を健康的に乗り切るためのさまざまな効果があります。

ただし、入浴という行為は体にある程度の負担を与えるものだということも頭に入れておきましょう。

健康な状態であれば大したことのない負担であっても、暑さにより体力を消耗していたり、熱中症のような症状がでていたりする場合は、入浴することでその症状を悪化させてしまうこともあります。

夏場の入浴で気をつけたいこと

ただでさえ汗をかきやすい夏場の入浴では、こまめな水分補給が必要となります。

日中に沢山の汗をかき、入浴により更に汗をかくと体の脱水状態はどんどん進んでしまいます。

入浴後は体が温まり新陳代謝が活発になっているので、すぐに眠ってしまうといつも以上の寝汗をかく原因になってしまうのです。

寝ている間に熱中症が進行してしまうことも少なくないので、入浴前や入浴中だけでなく、入浴後にもたっぷりと水分を補いましょう。

お湯の温度にも注意が必要です。

健康に良い効果があるのは、38~41度のぬるめのお湯に長く入ることです。

お風呂場は密閉された空間で室温も高くなりやすいので、夏場は特にぬるめのお湯で入浴するようにしてください。

お風呂場の換気をまめに行って、お風呂場の室温が上がりすぎないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

夏場におすすめの半身浴

お湯をみぞおちまで張って入浴する半身浴は、肩までつかる全身浴と比べて体への負担が少ない入浴法です。

心臓部分に水圧がかからないため、入浴での負担を軽減することができます。

ぬるめのお湯での半身浴は、じんわりと体を温め血行を促進させてくれるので入浴によって得られる効果を最大限に実感出来るでしょう。

暑い夏を乗り切るために入浴はとても効果的なのですが、熱中症の症状がひどく体調がすぐれないときは、無理して入らないようにしてください。

体の汚れが気になるときは、シャワーや濡らしたタオルで拭くようにしましょう。

スポンサーリンク


姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
https://37toeic.com

関連コンテンツ