MacTypeでChromeが文字欠けした場合の解決方法はこれだ!

Mactypeを使って文字をきれいに表示しています。Chromeで最近文字の一部が欠けてしまう現象が多くなりましたが、今回ご紹介のChrome設定で解決できましたのでメモしておきます。
Chromeバージョンは2015/5/7時点の最新版42.0.2311.135 mです。

スポンサーリンク

手順1.アドレスバーに「chrome://flags/」

Chromeのアドレスバーにchrome://flags/ と入力してEnter。
すると、各種設定画面が出てきます。

「試験運用機能」という表示と警告が表示されていますが、気にせずに設定します。
この設定画面の中で、「ラスター スレッドの数」という表示項目を探します。
スクロールバーでは画面半分より下の位置にあります。

面倒な方は、Ctrl+Fで検索窓を出し、

ラスター スレッドの数

と入れると一発でジャンプできます。(ラスター と スレッドの間は半角スペースです。)

手順2.ラスター スレッドの数を1にする

ラスタースレッドを既定 → 1に変更

ラスタースレッドの数を1にします。

mactypechrome20150507

なぜ1にすると良いのか?というところは残念ながら不明ですが、Chromeのサポート掲示板にはこれで直ったという報告が挙がっています。

設定を有効にするためには、画面最下部の「今すぐ再起動」ボタンをクリックします。

Chromeだけが再起動されます。PCは再起動されませんのでご安心を。

スポンサーリンク

ラスタースレッドの数を設定する前と後の比較

設定する前はこのような感じで文字がかけていました。

mactypechrome2015050702

それが、今回の設定で下のようになりました。

mactypechrome2015050703

文字欠けが直りました。
これでしばらくは快適に使えそうです。

スポンサーリンク


姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
https://37toeic.com

関連コンテンツ