エックスサーバーで運用中のWordPressをhttps SSL対応にした設定メモ


Googleから届いたメールで、Wordpressで運用中のサイトをSSL対応(https)に移行すべきという内容がありました。

2017 年 10 月より、ユーザーが Chrome(バージョン 62)で HTTP ページのフォームにテキストを入力すると、「保護されていません」という警告が表示されるようになります。また、シークレット モードを使用している場合は、HTTP ページにアクセスするだけで「保護されていません」と表示されます。

残りわずかの期間ですので、対応しました。エックスサーバーで運用中のWordpressをSSL対応にした時に参考になったウェブサイトがたくさんありましたのでメモしておきます。

スポンサーリンク

SSL対応で参考になったサイト

寝ログ さん
WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

基本的にこの内容でできました。

冒頭に、バックアップは必要だという注意がありました。
これはプラグインのBackWPupが定番です。

BackWPupの使い方についてはこちらが参考になりました。

BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法

復元するときにはどうしたら良いのか、同じサーバーの場合についてはこちらが参考になります。
とっても簡単!バックアップデータの復元方法「BackWPup」

どのサイトもしっかりとSSL対応しているため、アドレスがhttpsですね。

スポンサーリンク

姉妹サイトのご案内

37歳からのTOEIC勉強法完全版 『37歳からのTOEIC勉強法【完全版】』を作成しました。
TOEICなんて、半年で、市販の参考書で800点超えられます。
http://37toeic.com

関連コンテンツ